ハロウィンってなに?

ハロウィンの由来

ハロウィンの由来

ハロウィンの語源は「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow's Even」から時を経て短縮され「Halloween」と呼ばれるようになったそうです。
ハロウィンの由来は古代ケルト人のお祭り(秋の収穫感謝祭)に起源があます。古代ケルト民族の一年の終わりは10月31日となっていて、この夜には亡者が親族の家を訪ねたり、悪霊がきて悪さをすると信じられていました。
そこから、秋の収穫を祝い悪霊を追い払う祭り=ハロウィンなのだそうです。いつしかキリスト教もこのお祭りを取り入れるようになり今日のイベントになりました。

トリック・オア・トリート「Trick or treat!」

トリック・オア・トリート「Trick or treat!」

仮装した子供たちが近所を「Trick or treat!」(お菓子くれないといたずらするぞ!)と言いながら歩きまわります。おうちの人は「Happy Halloween!」と言ってお菓子を配ります。この日だけはいたずらをしても咎められない特別な日。子供も大人も思い思いの仮装で楽しみます。

ジャック・オー・ランタン「Jack-o'-lantern」

ジャック・オー・ランタン「Jack-o'-lantern」

ハロウィンで欠かせないかぼちゃランタン、これにはこんなおはなしがあります。
その昔、ケチでずる賢い男ジャックは悪魔を騙し自分の命を取らないよう約束させます。しかし、自分が死んでしまうと今度はその悪行から天国にも地獄にもいけなくなり、あの世とこの世をさまようことに。暗い夜道を歩くジャックは悪魔からもらった火をカブに入れランタン代わりにし、未ださまよい歩いているのです。この伝説が後に移民のによってアメリカにも伝わり、カブからアメリカで生産量の高かったかぼちゃに変わり今も親しまれる行事となりました。

このかぼちゃランタンは、善霊を引き寄せ悪霊達を遠ざけるといわれており、日本でいう死者の霊を導くお盆の迎え火、送り火とも似ています。